バイナリーオプション比較のマネナビ

バイナリーオプション比較
国内口座の人気ランキング

海外バイナリーオプションは危険!金融庁の規制に対応した日本会社で安心取引!

バイナリーオプションはデリバティブの一つ

バイナリーオプションは数あるデリバティブ商品の中の一つです。デリバティブとは、株式や債券、あるいは為替などの値動きによって損益を決定する契約のことです。日本語では金融派生商品と呼ばれることもあります。FXも直接的に為替レートを取引しているわけではありませんから、デリバティブの一種と言えるでしょう。FXもバイナリーオプションも、どちらも為替レートを対象としたデリバティブです。

FXの場合、値段が上昇するか下落するかによって利益か損失かが決まり、そして値は倍によって利益幅、あるいは損失幅が決まります。バイナリーオプションの場合にも値段が上昇するか下落するかによって利益になるか損益になるのかを予想するわけですが、利益幅や損失幅は値幅によって決まるのではなくて、最初から固定されています。たとえば、上がるという予想をした場合、10銭だけ上がっても1円上がっても同じ利益幅になります。この点では大きく違います。

もう一つの違いはレバレッジです。FXの場合、レバレッジをかけて取引をしますからリスクは高くなる傾向があります。損失が発生すれば追証を入れなければならないこともあります。バイナリーオプションでは、元々レバレッジという概念がありませんから、追証は必要ありません。最大の損失金額を最初に決めてから取引ができますから、リスクが小さいと言われることもあります。

リスクが大きいのかどうかは取引する人がそれぞれで判断するべき事ですからここで断言するわけにはいきません。事実としては、取引を開始した時点で発生する損失の金額が確定していることが挙げられます。そして、その損失金額は割と大きいことも頭に入れておくべきでしょう。その上でリスクがどれくらいあるのかを判断するべきです。

バイナリーオプションは危ない取引だと言われることがありますが、それは出始めのときの話で、現在は様々な規制が作られていますから、「危ない」という表現は間違っているかも知れません。国内業者に対しては様々な規制があるために、安全性は他の投資対象と同じくらいはあります。

バイナリーオプションはシンプルだったので良かったです

以前からバイナリーオプションというサイトに興味がありました。 投資をするのが昔から好きで、ネット取引をするようになってから、多くの銘柄を買っていました。 今までは株式投資をしていたのですが、その他の投資をしたくなったのです。 興味があったのは特にFXで、為替の取引もしている人が多かったことから、私もFXをしてみたくなりました。

FXは世界中の通貨の取引をするので、今までよりも世界の流れや情勢などを知っておかなくてはならず、覚えることも多かったのです。 経済や世界情勢のことが疎い私にもできそうだったのがバイナリーオプションです。 バイナリーオプションは値動き出は無く、為替相場が上がるか下がるかのどちらかを選べばよいという独特な投資方法だったのが面白く感じました。

FXは何か起こると値動きが大きくなってしまうので、値動きには関係が無いバイナリーオプションは安全に感じました。 早速バイナリーオプションの口座を作るために、専門の会社のホームページに行って口座を作りました。 口座を作るためには必要な項目をいくつか記入して、クレジットカードや身分証明書を提出すれば良いだけだったので、すぐに口座を作れました。

バイナリーオプションは海外の会社でしか行っていないのですが。すべて日本語で書いてあったり、分からないことがあっても日本語でサポートしてくれたので、日本の会社と取引しているのと同じような感覚でした。 バイナリーオプションを早速行ってみると、自分と合っていて相場の流れにも飲み込まれずに済みました。

会社では専門のツールがあったので、どのように為替相場が動いているかも分かるようになっていたので、あまり投資にも詳しくない私にも気軽に儲けることができました。 今までFXが遠いもので難しいと感じていたのが、実際にバイナリーオプションをやってみると難しく感じなく、株式投資よりもシンプルな方法だったので、私に向いている投資方法でした。

世の中の流れを掴んでも読めないのがバイナリーオプション

ちょっとした副業を考えている人は、バイナリーオプションというワードを一度は耳にしたり、やってみようかな?となった人も少なくないと思います。 ビジネス本や、サイトのバナー広告、週刊誌に記事など、いろいろなところで目にするので、悪そうなものでもないし、うたい文句も少額から始められて、月に何十万円も儲かった。など、おいしい言葉が書いてあり、ますますやってみようかな? と、考えます。

しかし、なけなしのお金を叩いてバイナリーオプションに投資をしたところで、痛い思いをするのは目に見えてます。 実際、自分も定期を切り崩して10万円で始めてみました。 為替の変動で、利益を出すもので仕組みは単純。でも、難しいのは、為替の変動は世界の動きによって上がったり下がったり、読めないところが難しいのです。 ひとつ例を挙げるとすると、東日本大震災の時は、もともと円高でしたが、ますます円は下がり続けました。 リーマンショクのような経済的な動きだけではなく、天災によっても左右してくるので、誰にも読めません。

もう一つ難しいのは、レートが上がっても下がっても、両方から利益を出せるということです。一見、良い話のようですが、損失も倍になるということです。 ドルで運用するとなると、1ロット20000円弱くらいで運用します。 残りの8万円はありますが、上がっていく予想が当たれば増えていきますし、外れれば8万円から減っていってしまいます。 人間の心理としてあるのが、もう少ししたらまた上がるとか、このまま続けていけばもう少し利益が出る。など、見切りをつけられないところがあります。 そういった、ところに勝てない限り、バイナリーオプションでは勝てないと思います。それでも始めてみたい方はバイナリーオプション比較というサイトを参考にするのがオススメです。

日本人はバイナリーオプションが好き

日本人と外国人では得意なバイナリーオプションのトレードが違うという話を聞いたことがあります。日本人は、ロングがとにかく好きなようです。順調に時間をかけて利益が積み上がっていく買いは、安心できるからだと思います。それに、買いは、スワップを払う必要がありませんから、安心して持ち越すことも出来ます。このことから日本人は、安定志向だと感じます。

そして、日本人は逆張りが好きだとも聞きます。これぐらい上がって高いから売ろう、これぐらい下がって安くなったから買いだ!という考え方が逆張りです。日本人は節約志向で、お金にとても神経質な国民です。スーパーに行くと少しでも安く買おうとします。同じ商品を買うとなれば少しでも安く手に入れるためにスーパーをはしごする人もいるぐらいです。ちなみに私がそうです。逆張りを仕掛けるのは、少しでも利益を大きくしたいという気持ちからだと思います。天井と底を見極めれば、普通よりも得られる利益は大きいです。とにかく日本人は得を取ろうとして先走ってトレンド転換を予測する癖があると思います。

外国人は、日本人とは違い、ショートが好きなようです。スワップを払わないといけませんが、買いより一気に値が下がるので、すぐに利益になります。そして、下落にスピード感があってジェットコースターに乗ったときのような快感が味わえます。外国人は、刺激と興奮を求めることが好きなため、売りが好きなのかなと思います。そして、外国人は、トレンドフォローが好きです。日本人のようにトレンド転換を先に予想することなく、どれだけ上昇しようとチャートが上昇を描いている限り、素直についていくのです。

バイナリーオプションをしてみた結果

以前バイナリーオプションで自動売買をしていた時があります。FXをしている人なら1度は考えると思うのですが、少しでも楽をして利益をだしたいと私は考えていました。なのでいろいろなテクニカル分析を駆使して自動売買のEAをつくりあげて実際に運用をしていました。バックテストの結果はもちろん良くて右肩上がりの成績を出すことができました。

ですが、実際はバックテストのようにはいかないことは初めからわかっていたのですが、最終的にはプラスになるだろうと思っていました。その理由として私が用意したEAは2種類あったからです。簡単に言うとトレンドが発生している時とレンジ相場の時で使い分けるようにしていました。どのテクニカル分析も特徴がありトレンドが出ているときに使えるものとレンジ相場の時にしか使えないものなど様々なものがあるのでどうしても最低2種類は必要になります。なので2種類用意して運用をしていたのですがとりあえず1年試してみました。その結果見事マイナスになりました。

やはり、機械的な取引で利益をだすのは難しいと感じました。もちろん自動売買で利益を上げている人もいますが、私の場合は向いていないのだと思いました。私はどちらかと言うとテクニカル分析を駆使してトレードするようなタイプではなく自分の裁量や感でトレードをして利益を出しています。そんな私が自動売買をするのは無謀でした。ですがテクニカル分析を得意としている人は自動売買に向いているのかもしれません。


毎月第一金曜日の夜に発表されるアメリカの雇用統計はバイナリーオプションをやっている方なら誰もが注視する大事な経済指標です。アメリカの経済は個人消費が6~7割を占めるため、失業率など雇用に関する数字が経済に与える影響が大変大きいのです。

失業率が高いと失業者が多いという結果になり、それだけ国民の懐に賃金が入らないため、消費が落ち込むのです。逆に失業率が低くなると各家庭に給料が入り、それが消費に使われるため、経済が好転します。こうした背景からアメリカ経済の状況が最もわかりやすい数字で示され、株式相場や為替相場に多大な影響を与えるのです。つまり雇用統計の結果が良ければドル高に、悪ければリスクオフで円などの比較的安全な通貨に資金が流れるのです。

しかし世界中の投資家が注目するため、一方向に注文が偏りやすく、流れに逆らうと大きく損失を計上することになりかねません。また一瞬で値動きのトレンドが切り変わることもあります。そうなると大きな資金を持つ機関投資家に対して、大多数の個人投資家では太刀打ちできず、大体の場合大きく振り回されます。そこで私は雇用統計の発表直前はポジションを持つことを控え、トレンドが大体収まってから参加するようにしています。

大事なことは大きく損をしないことと勝ち馬に乗ることです。株式と同じで一度開いた窓は必ず閉じる方向に動きます。そこの差益を確実に狙って、逆張りしておけば今のところ大きく負けることはそうそうありません。

バイナリーオプションはスワップメインで行うと勝ちやすい

バイナリーオプションは初心者の方するにあたっては通常の為替差益を狙ったトレードをするのではなく、スワップポイントを基本的には狙って、チャンスがあれば為替差益を狙ったトレードをした方が安定した利益につながる事が多いです。

初心者の方は売り場や買い場などの判断が難しい事が多いため、高金利通貨であるニュージーランドドルやオーストラリアドルなどをメインとしたトレードを主に行っていくのが初心者にはオススメだと思います。 こういった通貨を利用すれば仮に予想と反して下落した場合であっても、辛抱強くポジションを保有しておくことで毎日スワップポイントを貯めることができるからです。

このスワップポイントは中長期的に見ていくと非常に多きな利益につながるものとなっています。 そして、決済するときなどは、このスワップポイントと為替差益の両方が利益となるのでダブルで稼ぐことができるのでオススメになっています。

また、慣れてきたのであれば、各FX会社が提供するテクニカル分析などを活用することで、為替差益などを狙ったトレードでも利益を得やすくなると思います。 バイナリーオプションは短期的な失敗や損失で諦めるのではなく、ある程度中長期的に様子をみるのが良いと思います。 スワップポイントを狙った買いポジションを置いたまま売りポジションを建ててトレードするという方法もあり、その場合はスワップポイントの低い通貨を利用して売り建てすると効率良く稼げる可能性も高まります。

バイナリーオプションは一方行に動く相場で損切りになっても勝てる

バイナリーオプションで勝ち続ける事って難しいとつくづく思います。だけど、反対にある動きをする相場を選んでやれば誰でも勝ちやすくなると思います。それが一方行に動く相場です。

例えば、一方行に円安になったり円高になる相場では損切りになったとしても、トレンドの力が強いので入り直せば勝つことが出来ます。勝てる勝てないも相場環境が握っていると思います。特に努力してチャートを見なくても明確な方向感があらわれている相場では、めちゃくちゃなポイントでエントリーしても相場の勢いだけで勝てていました。私がそんな相場を経験してきました。

チャートを開くときれいな上昇トレンドになっていて、ついていくだけで利益をもらえました。それがアベノミクス相場です。特に米ドル円なんかはほとんど押し目を作らず上昇していましたから。とにかく買いをやっていれば勝てています。

しかし、いつかは反転すると売りをやってしまうと損切りが多発します。勝つためには相場環境に合わせたトレード戦略でないといけません。わかりやすく一方行に動けば、どちらにポジションを傾ければいいのかが明確なので勝てます。調べてみると、アベノミクス相場で利益を出した人はけっこういることがわかりました。アベノミクス相場は美味しい相場でしたね。

また逆に、リーマンショックはアベノミクス相場とは逆に一方行に円高に向かいました。そのとき私はバイナリーオプションをやっていませんが、素直に売りで入れば勝てていたんじゃないかと思います。円安から円高に転換したのがリーマンショックで、円高から円安に転換したのがアベノミクスです。どちらにしても、トレンドの転換期を見極めるのって難しいです。

苦しいことは続かない。続けるには工夫することが大切

7月10日。今日は、きのうよりも暑いです。熱々の紅茶を飲んだら汗をかいてしまいました。窓を開けて風を入れないと熱がこもってしまい余計暑いので、窓を開けて部屋の温度を下げています。窓から入ってくる風が気持ちがいいですね。気温の様子を見て、あまり暑くなるようだったら、風鈴をぶら下げて音だけでも涼しくしようと考え中。

家の中に観葉植物も置けばさらに涼しく感じるのかな。これで、気温が変わるわけではありませんが、脳を騙すことで涼しく感じるみたいです。トレードだけじゃなくて、快適に過ごそうと思ったら、それなりの工夫が必要なんです。工夫しないと良くなることがないなぁといろんな場面で感じます。

例えば、トレードをする時、苦しいやり方は続きませんね。毎日絶対トレードするとか、1日に10PIPSは必ず取る。このような目標を立てた場合、実現可能だと思いますか?毎日絶対トレードすると自分が決めた場合、どんな相場でもポジションを持つ必要が出てきます。例え荒れ相場だったとしても、避けてしまえば毎日トレードするという目標は達成できません。

責任感の強い人ほど、自分が立てた目標を必ず守ろうとします。たとえ1日であっても破ってしまえば自己嫌悪に陥ります。こんな嫌な思いをするくらいなら何が何でもトレードするんだと決めてやってしまうでしょう。自分が行動を起こす限り、毎日トレードをするという目標は達成できるでしょう。しかし、毎日トレードできても、負けてしまっては意味がありません。FXは、負けることではなく、勝つことが意味があるので。

1日10PIPSの場合は、相場が希望方向に動かなければ実現しない目標です。この目標だと、いつも達成できるわけではありません。私は、これがいい目標なのかと考えたら、あまりいい目標ではないと思います。もっと別の目標にしたほうが、自分も楽だし、続けやすいのではないかと思います。どんな目標なら無理なく続けられるんだろう?トレードの回数ではなく、獲得PIPS数ではなく、地合いの良い相場で思いっきりやる、納得できるポイントでエントリーする。この目標ならそんなに苦しくないのではと思います。