バイナリーオプションのトレンド良し悪しを認識する

バイナリーオプションでどんな手法で勝っているかは人それぞれですが、基本的にはトレンドを追っかけるモノになります。 例え逆張りであっても直近のトレンドを追っかけているのに変わりはありません。 重要なのはこのトレンドの種類で、分け方は多数あれど、ボラティリティとの関係は無視する事は 出来ません。主にボラティリティが高いか低いか、そしてトレンドが有るか無いかの組み合わせの 4パターンが言われています。

パッと見た感じ、ボラが大きなトレンドの方が値幅が出やすく見えるので良い相場に見えます。確かに 勝った時の利益や勝ちpipsは高くなりますが、大抵の人が損切りポイントを決めて挑むので、ちょっと 揺れただけで引っかかってしまって、方向性は確かに合っていたのに負けてしまうなんて事が有りがちです。 逆にボラティリティが低いとあまり値幅は出ませんが、トレンドになっていれば時間を掛ける事で十分な 利益を取れるし、損切り、つまり揺り戻しに合いにくくなるので勝率も上がります。

でも見た目では、あんまり 動きがないし美味しく無いナぁ、なんて思ってしまうんですよね。でもそんな時こそリスクを取るべきだと 言えます。 バイナリーオプションでは値幅が出ると言うのが一概に良いとも言い難いので、その辺の判断も収支に十分関わってきます。 トレンドフォローだと死活問題です。1分に満たない時間なのに一瞬だけ逆行して損切り、なんて悔しい 事この上ない現象ですので、目先に飛びつく前に深呼吸して確認してはどうでしょうかね。目に映らない 情報をどうするかが腕の見せ所、と言った所でしょうか。