大きく下げず、じわじわ下げてもとの値に戻り、損切り

天気が良かったので、パソコンの前を離れて太陽に当たってきました。自分の体の中に太陽のエネルギーを取り込んで充電完了です。暖かくて、太陽に勢いがあるというだけで、いい気持ちで相場と向き合うことが出来ます。バイナリーオプションを始めるようになってから、太陽に力を貰ってばかりなので、太陽のエネルギーは偉大だと感じます。

現在は、ロンドン時間の午後です。あと1時間ほどでニューヨーク時間に突入します。本日、午後4時ごろ、デモトレードで豪ドル円を売ってみました。高値からじわじわ下がってきていたこと、何度も反発していた92.70を割ったことで、下がっていくかもしれないと思い、売ったわけです。夕食を食べて、再びチェックすると、思ったほど下げていません。

92.60で1000通貨を売って、損切りを92.80にしておいたら、見事失敗しました。1時間足にラインを引っ張ってエントリーしましたが、失敗に終わり、こういう日もあるよね!って感じです。大きく下げる相場と少ししか下げない相場ってどこが違うんだろう?って疑問に思います。

バイナリーオプションのトレードで利益を上げるためには、ボラティリティーの拡大と縮小を上手に使えばいいと聞きます。ボリンジャーバンドを使えば、相場のボラティリティーを知ることが出来ます。拡大していれば大きな動き、縮小していれば、小さい動きをしているということができます。大きく動いた後は小さな動きになり、小さな動きのあとには大きな動きになる。それが、相場の特性です。小さい動きが大きくなるのを見計らってトレードすると利益を上げることが可能です。よし、それを狙うトレードをしようと練習していますが、難しいですね。今日も見分けがつかず、失敗しちゃいました。