IMF世界成長予測からバイナリーオプションの今後を予想

4月の14日にIMF、国際通貨基金から今年1月に発表されたGDP成長の予想の修正値が発表されました。 世界全体の成長は1月と変わらずというような状態でバイナリーオプションのマーケットに影響のある、たとえば原油相場などはIMFの世界成長が大きく上方修正をされると需要が大きく増えるという観測から買われるケースがあるのですが、今後の需要は1月と変わらないので大きな変化が望めるような変化はありませんでした。

注目はアメリカの成長率が0.5パーセント下方修正され、日本とユーロ圏に関してはそれぞれ、0.4パーセント、0.3パーセント上方修正されました。 これは、アメリカは不当に高く評価しすぎで、日本とユーロに関しては不当に低く評価されたと言えます。 これを受けて、外為市場はドル円相場を例にとると。 ドルは高すぎて、円は不当に安く今まで評価されていたと考えると、これからドルは安くなり、円は高くなっていきます。

つまり、円高、ドル安が進行するということになります。 実際にマーケットは4月14日を境に円高ドル安方向に向かっています。 ほか、ユーロドルはユーロが高くなり、ドルが安くなるのでユーロドル相場もやはり、おなじように4月14日を境に、今までドル高、ユーロ安であったのが、ドル安、ユーロ高にマーケットが変化しています。 また、ユーロ円相場は、ユーロが0.3のプラスで、日本も0.4のプラスになります。

要するに、ユーロのほうが若干、高くなるであろうと予想するとユーロ高、円安が進行すると考えてみてみると、やはり4月14日を境に、その通りになっています。 ユーロと日本の差は0.1ポイントしか差がありませんが実際は、ものすごい違いがあることは相対的数字しか見ない方にはあまり理解ができないことなのかもしれません。これらの動きを元にバイナリーオプションの取引を進めることをオススメします。